婚活に疲れたアラサー女子。結婚が義務のように思えて婚活が楽しくない。一生独身はおかしいですか。

私はアラサーで婚活を1年ほどしています。正直、婚活に疲れ果てました。

周りの友人がどんどん結婚して出産をしているのを見て焦り、あらゆる婚活に手を出して男性を探していました。

婚活パーティー・婚活サイトや友人の紹介も含めてたくさんの男性と出会い、数ヶ月のお付き合いをするような相手はいましたが、どうしてもしっくりこなくて終わってしまうこともありました。

私自身よく考えて見ると結婚願望が強い方ではありません。周りの友人が結婚していき取り残されるのが嫌で、婚活をしていただけのような気もします。

いずれは子供が欲しいとは思いますが、そこまでして結婚に執着しなくても良いんじゃないかとも思います。好きな男性でもないのに結婚だけしても長続きしないような気もします。

結婚することだけが義務のような感覚になり疲れてしまっています。一生独身として生きていくことは周りから見ておかしいことなのでしょうか。

実はこれまでに結婚の話までしていた彼氏がいました。しかし、彼とは上手くいかなくなり別れてしまいました。それ以来でしょうか人を本気で好きになることがなくなったような気がします。

婚活をするのが義務のようになり楽しくありません。でも一人で生きていくのは寂しい…わがままなんでしょうかね。

スポンサードリンク

回答

婚活はタイミングです。焦れば焦るほど上手くいかないものです。

一息いれてまた挑戦されてはいかがでしょうか。いまは焦りすぎて周りが見えなくなっているのだと思います。そのような精神状態で婚活を続けても、相手が怖がって上手くいかないですからね。

最近では晩婚化が当たり前になっていますし、お付き合いしていない男女も多いですからね。婚活も昔の状況とは大きく変わってきていると思います。

別に昔のような生き方に縛られなくても良いんじゃないでしょうか。素敵な人に出会うときは出会いますしね。

早く結婚したところで幸せな人生を送れるわけではありません。あなたらしい人生を送れるのであれば、結婚の時期が少し遅くなっても良いんじゃないでしょうかね。

回答

私も婚活をしていましたが疲れますよね。わかります。

現在はアラサーの女性で結婚していない女性はたくさんいますから焦らなくて良いと思いますよ。

子供が欲しいそうなので、年齢のことを考えると焦ってしまうのもわからなくもないですが、焦ると上手くいきませんよ。

周りの意見に流されずに、いま自分が何をすればベストなのかを考えて行動出来ればいいんじゃないでしょうか。

回答

私は40代で婚活をしている男です。質問者さんと同じように婚活を手当たり次第にやりましたが、婚活を続けるにつれてなぜここまで結婚にこだわらないと行けないのか悩みました。

そこで私が婚活における目的について考えました。そこで出た答えが「なぜ結婚するのか=一生孤独は嫌だ」と言うものでした。

私が一番結婚したいと思っていた理由は「孤独になりたくない」と言うシンプルなもので、裏返せばこの理由がブレなければ後はこだわりが特にありませんでした。

自分の考えが明確になると、これまで出来なかった彼女が出来ました。バツイチのシングルマザーの方です。すでに結婚に向けて動き出していますから上手くいけば結婚出来そうです。

質問者さんは、結婚したいのか・結婚しなくても良いのかをハッキリさせて、結婚したいなら理由を明確にすべきです。そうすれば結婚出来る可能性が大きくなると思います。

回答

婚活を続けているとしんどくなってくるのはわかりますが焦らないことです。

まずは婚活で成功する道筋をイメージすることから始めてください。これまでのように婚活を続けても同じ結果の繰り返しになる可能性が高いと思いますから、また気分が落ち込んでしまうと思いますからね。

婚活の成功事例を読んでイメージをすることが重要です。どうしても婚活が上手くいかないと愚痴が書かれている文章を読んで、私だけじゃないと思いたくなるかもしれませんが、それではダメです。

婚活成功者の行動をたくさんピックアップして、自分が取り入れられる部分は参考にして取り入れていきましょう。

他には婚活の効率を上げることが重要だと思います。無駄な婚活を繰り返し数だけは他の人に負けない!なんて言っている人がいますが、なんにも羨ましくないですよね。ただ結婚出来ない人間ですって言っているだけですからね。

そのような婚活を繰り返していたら嫌になってしまうので、出会う男性を極力少なくしてその少数に力を注いでいくようにしましょう。

婚活は、婚活偏差値の計測をして適切な出会いの方法を選択し、結婚までの持って行き方をじっくりと考える事が重要なんだと思います。



ページ上部へ戻る